会社紹介 | 取扱いソフトの紹介 | セミナーご案内 | 関連図書の紹介 | Arena応用事例 | お問い合わせ| テキストご採用の先生へ



関連図書の紹介
 


(写真は拡大可能)


W.D.ケルトン他著・
高桑宗右ヱ門 監訳  『シミュレーション ―Arenaを活用した総合的アプローチ― 』(第3版 )(コロナ社,2005年)

Arenaを活用して、シミュレーションのプロジェクト全体を基礎から応用に至るまで、手順を踏んで学ぶことができるように、構成されている。シミュレーション研究に付随する統計的側面―入力データからの分布の特定やシミュレーション結果に関する統計解析―についても、詳細に説明されている。


CD-ROM(ソフトウェア(アカデミック版)+例題プログラム)付
A5版/506頁/定価(本体4,660円+税) ISBN 4-339-08246-5
・発売元  株式会社 コロナ社

 



高桑宗右ヱ門 著 『CIM生産システムのシミュレーション最適化 ―理論と実践―』(コロナ社,1994年)

CIM生産システムを対象として、シミュレーションを計画したり解析するための理論と実践例が詳述されている。そして、シミュレーションを用いた最適化を念頭において、その理論・考え方ならびにケーススタディが紹介されている。
 



高桑宗右ヱ門 著 
『FA/CIMの経済性分析』(中央経済社,1995年)

フレキシブル生産システム(FMS)に代表されるFA/CIM(ファクトリオートメーション/コンピュータ統合(統括)生産システム)を対象として、システムを設計したり評価したりするための具体的な手順と豊富な事例が詳述されている。すなわち、実務面での応用ないし有用性に主眼をおき、それを達成するために必要な理論ならびに方法論について、明快に示されている。特に生産システムの経済的最適化理論、多目標最適化/目標計画法、シミュレーションに重きがおかれている。
 


高桑宗右ヱ門 著 『マネジング・チェンジ ―業務改革を成功させるシミュレーション活用術―』(郡司芳昭訳,D.M.プロフォジク著: Managing Change with Business Process Simulation) (トッパン,1998年)

いくつかのビジネスにまつわる話を通して、ビジネス・プロセス・シミュレーションという概念が提示されており、戦略的手段としての「シミュレーション技術」の有効性が簡潔に解説されている。世界の主要企業が「シミュレーション技術」をどのように採り入れているかを示すため、フォード、ナイキ、モトローラ、UPSなどの企業におけるケーススタディが10例あげられていて、その技術を最大限に活用するために各企業が採用した戦略が要約されている。

 


 

Copyright © 2003 Nippon Modeling Systems. All rights reserved.
Tel:052(775)0687  Fax:052(773)4684  Email: info@nipponms.com